ウェブ平凡 web heibon




リュックのなかみは何ですか?
リュックを持って西へ、東へ。本上さんが「野遊び」の愉しさを伝えるほのぼのエッセイ[更新] 毎月20日
栗田隆子「働けない」をとことん考えてみた。
ロスジェネ世代の文筆家・栗田隆子さんがつづる、「働かない/働けない」側からみるニッポンの労働[更新] 毎月20日
コーヒーと音楽
コーヒーを飲む時間にそっとよりそう音楽――全国の喫茶店・カフェを訪れてきた岡本仁さんが綴るコーヒーと音楽のよい関係[更新] 毎月1・15日
野村麻里「ひとりで食べたい」
食べることについて考えつづけてきた野村麻里さんが、「ひとりで食べること」に多様な角度から光を当てるエッセイ[更新] 毎月10・25日更新
王谷晶「40歳だけど大人になりたい」
小説家の王谷晶さんはふと思う。「私、ちゃんと大人をやれている?」そもそも大人になるって、どういうことだろう――? 痛快エッセイで綴るオトナ考。[更新] 月2回更新
あけたらしろめの父にっき
子育てって、こんなにタイヘンなの!? イラストレーター・あけたらしろめが描く、父親目線のドタバタ楽しい育児の日々。[更新] 月2回
小手鞠るい「乱れる海よ」
学生たちがまだ熱かったあの時代、起こった事件は崇高なものだったのか、残虐非道だったのか──。『ある晴れた夏の朝』の著者が紡ぐ新たな物語[更新] 毎月1日
泉麻人「昭和50年代東京日記──City boysの時代」
雑誌や音楽をガイドに昭和50年代のカルチャーを照らす時代ロングエッセイ[更新] 毎月1・15日

日本でいちばん平凡な名前の出版社、
平凡社がお届けする愉快なウェブマガジン

  • 泉麻人「昭和50年代東京日記──City boysの時代」

    泉麻人(いずみ あさと)

    昭和50年代東京日記──City boysの時代

    雑誌や音楽をガイドに昭和50年代のカルチャーを照らす時代ロングエッセイ[毎月1日・15日更新]

    [更新] 2022.12.01
  • 岡本仁「コーヒーと音楽」

    岡本仁(おかもと ひとし)

    コーヒーと音楽

    コーヒーを飲む時間にそっとよりそう音楽――全国の喫茶店・カフェを訪れてきた岡本仁さんが綴るコーヒーと音楽のよい関係[毎月1日・15日更新]

    [更新] 2022.12.01
  • 王谷晶「40歳だけど大人になりたい」

    王谷晶(おうたに あきら)

    40歳だけど大人になりたい

    小説家の王谷晶さんはふと思う。「私、ちゃんと大人をやれている?」そもそも大人になるって、どういうこと――? 痛快エッセイで綴るオトナ考。[月2回更新]

    [更新] 2022.11.30
  • 本上まなみ「リュックのなかみは何ですか?」

    本上まなみ(ほんじょう まなみ)

    リュックのなかみは何ですか?

    リュックを持って西へ、東へ。本上さんが「野遊び」の愉しさを伝えるほのぼのエッセイ[毎月20日更新]

    [更新] 2022.11.21
  • 栗田隆子「『働けない』をとことん考えてみた。」

    栗田隆子(くりた りゅうこ)

    「働けない」をとことん考えてみた。

    ロスジェネ世代の文筆家・栗田隆子さんがつづる、「働かない/働けない」側からみるニッポンの労働[毎月20日更新]

    [更新] 2022.11.18
  • 野村麻里「ひとりで食べたい」

    野村麻里(のむら まり)

    ひとりで食べたい

    食べることについて考えつづけてきた野村麻里さんが、「ひとりで食べること」に多様な角度から光を当てるエッセイ[毎月10・25日更新]

    [更新] 2022.11.16

[ウェブ平凡から生まれた本]

家庭料理の窓
木村衣有子
家庭料理の窓
定価:本体1800 円+税
はなうたレコード
山川直人
はなうたレコード
定価:本体1400円+税
東京日記6 さよなら、ながいくん。
川上弘美
東京日記6 さよなら、ながいくん。
定価:本体1500円+税
センスのABC
岡尾美代子
センスのABC
定価:本体1800円+税