ウェブ平凡 web heibon




和田靜香「相撲漬けの日々、なんだか社会が見えてきた。」
「なんでそうなんだ?」「なんでそうなるわけ?」 相撲を愛してやまない著者による、相撲を通してみた社会派エッセイ。[更新] 2024.5.14
大平一枝「自分の味の見つけかた」
朝日新聞デジタルマガジン「&w」大人気連載「東京の台所」著者がおくる台所エッセイ。この年でやっとわかった料理の「いろは」、そして数多の台所が教えてくれたものとは?[更新] 第2・第4木曜
あなたのフェミはどこから?
あなたのフェミはいつ、どこから始まりましたか? フェミニズムとの出会いを綴るリレーエッセイ。[更新] 月2回更新
クラーク志織「ロンドンの片隅で、なぜ世界はこうなのか日々クエスチョンしているよ」
ロンドンに暮らすイラストレーターのクラーク志織さんがつづる、等身大のフェミニズム・エッセイ![更新] 毎月30日
物理学者、ニューヨークで専業主夫になる。
物理学者が選んだ次なるキャリアパスは専業主夫。ユーモアあふれる筆致で綴る、育児と家事のいばらの道。[更新] 毎月10日
ライバルとシスターフッド――少女マンガのアンチ☆ヒロイン
ヒロインの前に立ちはだかり、ぶつかり、高めあう「ライバル」たち――。少女マンガ研究の第一人者が解き明かすライバル×シスターフッド論。[更新] 毎月25日
たそといっしょにタカラヅカの世界をのぞいてみませんか?
“おじさん役者”として活躍した元タカラジェンヌ天真みちるが宝塚歌劇の世界へ案内します。【毎月1回不定期更新】[更新] 毎月1回不定期
リュックのなかみは何ですか?
リュックを持って西へ、東へ。本上さんが「野遊び」の愉しさを伝えるほのぼのエッセイ[更新] 毎月20日

日本でいちばん平凡な名前の出版社、
平凡社がお届けする愉快なウェブマガジン

  • 『あなたのフェミはどこから?』

    あなたのフェミはどこから?

    あなたのフェミはいつ、どこから始まりましたか? 個人的でありながらも共通する体験でもあり、連帯する基盤ともなるフェミニズムとの出会いを綴るリレーエッセイ。【月2回更新】

    [更新] 2024.05.14
  • 川上弘美「東京日記」

    川上弘美(かわかみ ひろみ)

    東京日記

    嘘か真か、あわあわと続く川上さんの最長寿連載。単行本第7弾『東京日記7 館内すべてお雛さま。』発売中![毎月10日更新]

    [更新] 2024.05.11
  • 本上まなみ「リュックのなかみは何ですか?」

    本上まなみ(ほんじょう まなみ)

    リュックのなかみは何ですか?

    リュックを持って西へ、東へ。本上さんが「野遊び」の愉しさを伝えるほのぼのエッセイ[毎月20日更新]

    [更新] 2024.05.10
  • 久保毅幸「物理学者、ニューヨークで専業主夫になる。」

    久保毅幸

    物理学者、ニューヨークで専業主夫になる。

    物理学者が選んだ次なるキャリアパスは専業主夫。ユーモアあふれる筆致で綴る、育児と家事のいばらの道。[毎月10日更新]

    [更新] 2024.05.10
  • 大平一枝「自分の味の見つけかた」

    大平一枝(おおだいら かずえ)

    自分の味の見つけかた

    朝日新聞デジタルマガジン「&w」大人気連載「東京の台所」著者がおくる台所エッセイ。この年でやっとわかった料理の「いろは」、そして数多の台所が教えてくれたものとは?【第2・第4木曜更新】

    [更新] 2024.05.23
  • クラーク志織「ロンドンの片隅で、なぜ世界はこうなのか日々クエスチョンしているよ。」

    クラーク志織

    ロンドンの片隅で、なぜ世界はこうなのか日々クエスチョンしているよ。

    ロンドンに暮らすイラストレーターのクラーク志織さんが、日々の生活で感じるモヤモヤから等身大のフェミニズムについて綴るエッセイ【毎月30日更新】

    [更新] 2024.04.30

[ウェブ平凡から生まれた本]

ぼくのコーヒー地図
岡本仁
ぼくのコーヒー地図
定価:本体2200円+税
ひとりで食べたい
野村麻里
ひとりで食べたい
定価:本体1800 円+税
40歳だけど大人になりたい
王谷晶
40歳だけど大人になりたい
定価:本体1700円+税
タイポグラフィ・ブギー・バック
正木香子
タイポグラフィ・ブギー・バック
定価:本体2300 円+税