京都の喫茶店 木村衣有子
京都カフェブームのさきがけとなった『京都カフェ案内』から12年。改めて選びぬかれた各店から見えてくる、「いままで」と「これから」の京都の喫茶店。

本連載は、2013年10月26日発売予定の木村衣有子『京都の喫茶店』(平凡社)の立ち読み版です。
書籍の刊行をどうぞお楽しみに。

木村衣有子

随筆家。1975年栃木生まれ。18歳から26歳までを京都で過ごしたのち、東京に転居。2001年に初の著書『京都カフェ案内』(平凡社)を刊行する。以後、エッセイを中心に執筆を続ける。主な著書に『あのとき食べた、海老の尻尾』(大和出版)、『大阪のぞき』(京阪神エルマガジン社)、『もの食う本』(ちくま文庫)、『猫の本棚』(平凡社)などがある。酒を題材にしたミニコミ『のんべえ春秋』を刊行中。

Copyright(c) 2013 Kimura Yuko &Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.