私、子どもできたけど、どうしよう~子どもについて、本音で聞かせてください!~ 犬山紙子

私、子どもできたけど、どうしよう~子どもについて、本音で聞かせてください!~ 犬山紙子

犬山紙子 イラスト=箕輪麻紀子

第13回 妊婦さんは、どんなことに悩んでいるんだろう?-1

前回の連載では、妊婦になって私が感じたことを素直に書きました。
でも、当たり前だけど私の意見が「妊婦代表」というわけではなく、ただの個人の意見なんですよね。

いったい他の妊婦さんたちはどんな気持ちを抱えているんだろう? きっと人それぞれ、いろんな気持ちがあるだろうし、私はそれを知りたい。
この連載を通して、たくさんの方の意見に触れることが、自分の気持ちを理解でき、視野が広がり、整理できることだと身にしみているので、もっと貪欲にたくさんの方の意見を知りたい!

というわけで、妊婦さん、元妊婦さんを対象にアンケートをとりました。
その結果、なんと147名の方からのご回答をいただきました。ありがとうございます!
正直なところ、デリケートな話題だしこんなにたくさんの方から反応があるとは思っていませんでした。
どの回答も、心に響くもので。
それぞれの環境、事情、考え方で妊婦さんの気持ちというのは、一括りにできない、多種多様なものだなあと感じました。
私自身すごく共感したり、こういうこと今まで言ってしまっていたかもしれないと考えさせられたり、自分とは全く違う意見も知ることができて、ほんとうに良かった。

全部を紹介することは出来ませんが、ぜひ読者の皆さんにも考えてもらいたいので、私が気になった回答や、全体の傾向などを、これから何回かに分けて書いていきたいと思います。

まず最初の質問は、「妊娠中、人から言われて何か引っかかったことや嫌だったことを教えてください」です。

この質問への回答は、大きく分けると、


◎外見のことを言われる

◎上司のセクハラ

◎子どもの性別に関すること

◎親族からの余計なひと言

◎お腹が前に出ているから男の子、顔つきが優しくなったから女の子と勝手に言われる

◎科学的根拠がないクソバイス

◎染色体検査するの?

◎つわりの大変さに気づいてもらえない

◎出産経験者からのクソバイス

◎まだ生まれないの? と聞かれる

◎無痛分娩をディスられる

◎職場での理解のなさ

などが多くありました。

ここから私が気になったものを抜粋し、詳しくご紹介したいと思います。


◎「外見のことを言われる」

★お腹が大きかったので、会う人会う人、「凄いお腹」とか「双子!?」(双子ではない)とか言われて正直、ハイハイってなってました。
意外と妊娠中は、精神が尖ってて、悪い方に捉えがちでしたけど、「太った分産後に痩せると思ったら大間違いだからね」と太った助産師さんに言われて、不安になって泣き、夫に当たりました。
また、自分に向けられた言葉じゃなくても「子ども産んだら詐欺みたいにおばさんになった」など、男性が言いがちな話を聞くと、自分のことのように傷付いていました。
好きで変わっていくわけじゃないという気持ちと、子どもの為にはそんなこと気にしてはいけない気持ちがせめぎ合っていたかも。

★体型の変化についていけないのに、妊娠してると知ってる人からさも当たり前のことのように「お腹が出てきましたね」と言われるのが受け入れられず不愉快だった。
(でも「お腹ちっちゃい」や「目立たないね~」と言われるのもそれはそれで複雑な心境だったかも、妊娠したからと言って体型のことは良かれ悪しかれ言われたくないです)

この辛い気持ち、私もよくわかります。
私は人から言われるまでもなく一人で勝手に傷ついているクチなので、もし気にしてる体型のことを人から言われたら、どれだけしんどかったろうなあと......。妊娠してなかったら、他人の体型について指摘するのは基本タブーなのに、妊娠したら何故か人からあれこれ言われてしまうあの感じ......。

また、自分では「体型のことを気にするのは赤ちゃんのことを嫌がっているということになるのかな? 気にしちゃいけないことなのかな? 贅沢なことなのかな?」と思うから余計にですよね。でも、私は気にしちゃいけないだなんてことはないと思うようになりました。赤ちゃんへの気持ちと、自分の体型への気持ちは全く別物です。体型を憂いたところで、赤ちゃんへの気持ちが変わるなんてことは一切ない。妊娠前と同じく、体型というのは気になるものです。

また、体型について言われることがストレスになるのも、その内容によって個人差が結構あるんだなぁと思いました。
「お腹、大きくなってきたね」と言われて嬉しい人もいれば、嫌だなと思う人もいるのですよね。ちなみに、私はお腹が大きくなったと言われるのは嬉しいけど、でもなんか太ったねとか言われると辛いと思ってしまいます。
やっぱり、「妊婦さんだからこう」ではなく、「この人はこう」と考えて接してもらうのが一番嬉しいですよね。


◎「セクハラ」

★上司の一人から「やることやってるね」

★妊娠すると人生で最大のおっぱいのサイズになるんでしょ? 楽しんでね~! ......と会社のオッサンに言われ気分が悪かった。

★元々胸が大きいので「それだけ大きければ母乳出るよね」等と言われたのが物凄く嫌でした。とにかく、母乳に関して色々言われるのが嫌でした。物凄くプレッシャーになるし、それまで誰も触れなかった「おっぱい」っていうプライベートな部分に、めちゃめちゃ踏み込んでくる感じが、もう......。

★職場の年配の男性(50代くらい)から、職場内ですれ違うたびに、「あ、妊婦だ~」とか、声をかけるときも「ねぇ妊婦~」と言われて、本当にいやだった。
他にも妊娠中の同僚がいたし、私の名前は妊婦じゃねぇし、やめてと勇気を出して言ったら、「だって幸せなんだからいいじゃん」と返され、全然話が噛み合わなすぎてびっくりした。

妊娠すると自分のおっぱいの話題が急に解禁される感じ、とっても気持ち悪く感じると思います。私もリプライで「おっぱいが大きくなって旦那さんも喜ぶでしょう」と書かれた時にオエーって思いました。多分言ってる方はセクハラとは思っていないんですよね。それぐらい妊婦にはおっぱいのことを周りが言ってよい空気がある。赤ちゃんのものだから、もうデリケートなものではないという免罪符でもあるのでしょうか。妊娠した人のおっぱいは別物になるのじゃなくて、ただ役割が一つ増えただけなのに。

私はおっぱいや乳首のことも文章にしたりしますが、それはセクハラOKですよという意味ではなく、エッセイストとして今の気持ちを素直に書きたいから。恥ずかしい気持ちが全くないと言えばそれは嘘になるのです。

「幸せだからいいじゃん」という決めつけも怖いですね。これは「幸せなんだろ? 幸せなんだからそんな文句を言うのはおかしいぞ」という脅しにも聞こえます。妊娠中は幸せなんだから文句を言うなって、急に人権がなくなる感じ。
妊娠中は先ほど書いた体型の変化、そしてマイナートラブルといわれる、例えば悪阻やむくみ、トイレが近くなったり、ひどい腰痛になったり、いろいろなトラブルが身体に生じます。
でもそれだって「幸せなことなんだから、気にするな、辛いとか言うな」と言われることがあります。
妊婦に限らず、「幸せなんだから」という言葉は言いがちなのだけど、人のSOSを封じ込めてしまう効果があるので私は言わないようにしようと思っています。


◎「子どもの性別に関すること」

★お腹の子が女児だと答えると、「1人目は女の子が楽よ」(暗に男の子を2人目で産め、もしくは男の方が良かったという風に聞こえる)と言われるのがつらかったです。

★性別がわかったばかりの時、義母から「じゃあ次は男の子だね」立て続けに「子どもは2人がいいよ」。
私にとっては、まだ産まれてもいないのに先の話を勝手に決められているようで凄く嫌でしたが、誰にもわかって貰えず悩みました。


★男の子と女の子どっちが欲しいのか聞かれたこと。希望と違う性別だったらどうするの? と思いました。
また、性別が分かった後に、「本当はどっちがよかったの?」と聞かれたこと。

★義父母、夫から「男の子だから跡取りができてよかった」

★性別が分かった時、義母から「あら~女の子! まあいいよね!」と、しょうがない、でもいいよ☆的な感じで言われて、え? その言い方やっぱり男の子がよかったんだと感じました。

★男の子でよかったね~、男の子はかわいいよ~ってけっこういろんな人に言われたことです。言ってくる人が女だった時、お前は女で親をがっかりさせたのか? そして私も女なんですけど、って思いました。

性別に関しては、周りも男か女か気になるようでよく話題にあがりますよね。私は、性別の話をしてはいけないと思わないし、聞かれたら普通に答えています。

とはいえ、回答にもあった「(跡取りになるから)男の子を産め」のように勝手なエゴを押し付けるのは論外ですし、意識せずに言ってしまいがちな「あなたはどっちの性別が欲しかった?」や、良かれと思って言われる「性別が○○で良かったね」などはモヤっとすることが多いと思います。

「どっちの性別が欲しかった?」と聞かれても、お腹の赤ちゃんの性別と違ったときちょっとした罪悪感を感じるだろうし、「男の子or女の子でよかったね」も、違う性別でも嬉しいけど......とモヤってしまう。
性別の話をしたなら普通に、「いいね」くらいの温度感で十分ありがたいと私は感じるのです。
ちなみに私の赤ちゃんは女の子なのですが、「女の子は育てやすいってね」と言ってくださるのは全くモヤりません、むしろその善意が嬉しい。でも、「男の子より女の子でよかったじゃん」の場合だと「いや、男の子にも男の子のよさもあるし、私はどっちでもかわいかったけど......」とモヤる、そんな感じなのです。

次回もアンケートの回答をご紹介していきます。