母親走馬灯更新計画

絵と文 中川学

親、どうしよう…。

目下の悩みは、遠くに一人で暮らす母親のこと。
まだ介護が必要という状況ではないが、いつどうなるか分からない。

母親がいつか思いめぐらす走馬灯に、良い印象の自分の姿をねじこむために、
水面下で奮闘する四十路の漫画家・中川学。
『くも漫。』『探さないでください』に続く、超スペクタクル親孝行漫画。

目次

1976年北海道生まれ。大学卒業後、小中学校の臨時教師や様々なアルバイトを経験。2011年、漫画家志望の若者に格安で住居を提供するトキワ荘プロジェクトに応募して上京する。エッセイ漫画『僕にはまだ友だちがいない』(KADOKAWA)でデビュー。NHKで実写ドラマ化される(主演:浜野謙太)。2015年、自身のくも膜下出血体験を描いた壮絶実録漫画『くも漫。』(リイド社)を発表。「マンガHONZ超新作大賞2015」7位入賞。実写映画化される(主演:脳みそ夫、ファンタジア国際映画祭出品)。社会の最下層の更に下を行く漫画家として日々奮闘中。
最新作『探さないでください』(平凡社)が好評発売中!!

中川 学