センスのABC

岡尾美代子

庭仕事(弱音編)

 8月が始まる。
 ああ、年明けに本気で庭づくりを始めると心に誓ったのに、我が家の庭は今やほんの一部分を除いて、雑草に覆い尽くされた悲惨な風景となっている。あわあわ(言葉にできない気持ち)。振り返れば6月はロケがあり、家を長く留守にした。7月もほぼ休みがなかったので、庭仕事はほとんどできなかった。そんなツケが草ボウボウの庭という形となって私の目の前にある。
 それでも雑草に完敗した去年よりはまだマシだろう、と自分を慰めてみる。去年は「眠り姫」を助けに行く王子様の気持ちがわかるというか、道なき道を進むような感じだったもの。今年は小さなスペースながら、自分が植えたエキナセアやセイヨウカノコソウなどのハーブや野菜が元気に育っているところがあり、毎朝、そこだけをピンポイントで眺めて幸せな気分に浸っているのだ(その周りの雑草は見えてるのに見えないふりをしている)。この部分は小さなオカオの王国。できればこの領域を少しずつ広げていきたいのだけれど、ここに来て雑草の力はますます増しているからそれもままならぬ状態。草抜きを1週間サボると小さな植物は埋もれてしまって、そして大体そのまま消えてしまう(王国の危機、迫ってます)。雑草もよく見るとかわいいものがあるのだが、なんだかみんな逞し過ぎて、かわいいと思う気持ちが負けてしまうのだなあ。ドクダミも白い花が咲く頃は可憐な姿なのに、花が終わると存在感が強くなり過ぎてしまう。これって雑草魂?
 私の理想の庭は、植えた植物と雑草が共存する野原のようなメドウガーデンなのだが、そんな風景は夢のまた夢のような気がする。こんな現実にくじけそうになりつつ、でも今の王国を死守するために、朝の草むしりを頑張らなきゃ、だわ。

赤いポピー、オックスアイデイジー、フランス菊、カウパセリ、バーベナ、ディル、エキナセア、フォックスグローブ、そしてセイヨウカノコソウ......私の好きな花です。野原に咲いてる系?

いい香りのする植物も好き。この写真はイングランド、チャールストン・ファームハウスのハーブガーデン。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

BACK NUMBER

2018.08.22
雨の日
2018.07.31
庭仕事(弱音編)
2018.07.17
食器の虫干しとParatiisi

PROFILE

岡尾美代子
(おかお・みよこ)

高知県生まれ。スタイリスト。
雑誌・書籍などさまざまな媒体のスタイリングを手がけるほか、
鎌倉で友人とともにデリカテッセン「DAILY by LONG TRACK FOODS」を営む。
『Land Land Land』『Room talk』『肌ざわりの良いもの』『雑貨の友』などの著書がある。

Instagram:@miyokookao  LONG TRACK FOODS