センスのABC

岡尾美代子

色から始まる?

 鮮やかなピンク、健康的なオレンジ色、フレッシュなレモン色。ファッションでもインテリアの世界でもきれいな色を目にすることが多くなった。普段はグレーやネイビーといったベーシックな色の服を好んで着ている私でさえ、この冬は発色のいい明るいグリーンのセーターを好んで着たぐらい。鮮やかな色を着るって、今まで気恥ずかしいと思っていたけど、実は結構楽しいことなんだと気づいてしまった。なので今回は色の話を。ちょうど、春のおしゃれ計画を考えるこの時期でもあるし。
 私と同じように基本のワードローブがベーシックカラーの人は、春に向けてのコーディネイトに何かきれいな色のアイテムを一つ取り入れてみるのはどうだろう。普段は選ばない色も、べーシックな形のセーターやカーディガンであれば取り入れやすいかも。グレーのパンツを持っていれば、レモン色のセーターを合わせてみる。ベージュのチノパンツにはパステルブルのカーディガンとか(イメージはVネック、そして中は白いTシャツで)。急に赤のトップスにピンクのボトムなんていう上級者の着こなしを真似しなくても、何かきれいな色を1色取り入れるだけで充分。新鮮な気持ちで服が着られると思う。
 洋服に色を取り入れるのに抵抗がある人には、普段着ているトレンチコートに単色の色バッグを持ってみるのもおすすめ。そのバッグは安価な布製のエコバッグでもいいし、革のバッグでもOK。ただその場合、思いっきり発色のいい色を選ぶのがポイントだ。同じ考え方で、靴下だけ思い切った色使いをしてみるというのも面白そう。
 新しいことを取り入れるのって勇気がいるけれど、いつも同じじゃつまらない。ちょっとした好奇心や冒険心が新しい扉を開いてくれることもあるから、この春は色を意識してみてはどうだろう? 気になる色を見つけたら、そこが新しいおしゃれ世界の入り口かも。

まずは自分にインスピレーションをあたえてくれる色を探してみよう。

 

ピンク(棚)とグリーン(手前のテーブル)という反対色の組み合わせも気になりますが、これをコーディネイトに落とし込むのはかなり上級テクニックですね......。

布バッグなどの小物は、色にトライしやすいアイテム。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

BACK NUMBER

2018.02.14
色から始まる?
2018.01.31
庭仕事(本気編)

PROFILE

岡尾美代子
(おかお・みよこ)

高知県生まれ。スタイリスト。
雑誌・書籍・コマーシャルなどさまざまな媒体のスタイリングを手がけるほか、
鎌倉で友人とともにデリストア「LONG TRACK FOODS」を営む。
『Land Land Land』『Room talk』『肌ざわりの良いもの』『雑貨の友』などの著書がある。

Instagram:@miyokookao  LONG TRACK FOODS